オーディション当日のメイクについて

オーディション当日のメイクについて

オーディション当日のメイクについて 芸能人になるために芸能スクールを受験したいと考えている学生にとって、オーディション当日のメイクについて気になりますよね。
オーディションでは「自分らしさ」を伝える場所であるため、過度に不自然な化粧や厚化粧は避けるべきでしょう。
「顔にニキビや吹き出物があるからファンデーションで顔を厚塗りしたい」、「目が小さいから大きく見せたい」などと考えすぎてしまうと、ありのままの自分を表現することができません。
そのため、あえてスッピンでオーディションを受ける人も少なくはないです。
一番のおすすめは、「ナチュラルで好印象をもたれるメイク」が良いです。
透明感の素肌に近い肌を作り、仕上げにパウダーを使いましょう。
口紅は濃すぎる赤よりも薄付きのピンクを選び、アイシャドウやチークも濃すぎる色を避けるべきです。
全体的に薄付きで柔らかい雰囲気を演出することで、本来の自分らしさを演出でき芸能スクールの面接で良い印象をもたれるでしょう。

芸能スクールのオーディション当日の服装は?

芸能スクールのオーディション当日の服装は? 芸能スクールのオーディション当日の服装はどうしたらいいのでしょうか。
まず、「これはNG」となるような格好について2つご紹介します。
1つは清潔感がない、もう一つは地味過ぎたり派手過ぎたりすることです。
不潔感を与えてしまうのはいけません。
当然ですね。
常識を疑われます。
極端に地味、あるいは派手なのも良くない印象を与えがちです。
大人しすぎる格好は芸能人としての資質が無いと見做される可能性がありますし、浮いてしまうほど目立つ格好は空気が読めない、芸能スクール内の和を乱す人物だと思われる恐れがあります。
ではどういった服装が良いかというと、先に紹介したNGなコーデは避けつつ自身の魅力を最大限に引き出し、尚且つオーディションの目的に合ったものを着るのが1番です。
自分の魅力をアピールする場ですから、似合う服を着ることが大切でしょう。
目的を考えて選ぶのも大事です。
例えばダンサー志望の場合、上手く踊れるよう動きやすい格好をする。
ヒラヒラしたスカートなどを履いていっても、ダンスをアピールするのは難しいですからね。

新着情報

◎2021/2/15

オーディション当日のメイク
の情報を更新しました。

◎2020/12/9

オーディション写真のコツ
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

サイト公開しました

「スクール メイク」
に関連するツイート
Twitter